初めての青梅大祭

五月二日、三日は青梅大祭。

予定していた仕事が天候不順で中止になったので、ことあの散歩がてら地元の山車を見に行きました。

引っ越してきたのは去年の五月下旬だったので、見るのは初めてです。

各街の山車が市街地に集まる昼間には間に合わず、夕方街から地元に戻ってくる山車をお出迎え。

青梅大祭は青梅駅近くの住吉神社のお祭りで、市内で一番大きな祭り。
江戸時代から500年続く歴史あるお祭りです。

市内の町から12の山車が登場します。
わが日向和田地区は和田乃神社が氏神さまなのですが、戦後に近隣の町として参加するようになったようです。

この日の青梅街道は一般の車両通行不可なので歩行者天国。

 

途中明白院のシャクナゲを愛でながら、ゆっくりと散歩です。

 

それにしてもガラガラです。

都内の歩行天とは趣がまったく違います。

 

すっかり日が落ちてから、市街地方面から囃子の音が大きく近づいてきました。

ことあは何事かと興味深々でずっと見つめています。

囃子に向かって吠えることもなく、そのうち山車の進むペースに、ことあも歩調を合わせるようになっていきました。

状況をすっかり呑み込んだのか、
皆に合わせて立ち止まり様子を伺いながらまた歩き始めます。

昔から住んでいるわけではなくても、自分の住む町の山車があるのは嬉しく、誇らしいものです。

 

自分の家に一緒に帰っていく、そんな感覚を共有できることが、なんとなく嬉しかった。

来年は街中まで出掛けてみたいと思います。

山車同士が鉢合わせたときの競り合いを是非見てみたいですね。

(リ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です