“パートナーシップが鏡”であることの極意

4月10日(火)~3泊4日で奄美大島へ行ってきました♪(あ)

朱鳥京先生にナビゲートして頂き、
奄美の大自然や文化、エネルギーの素晴らしさを堪能して…
凄い旅になりました!!

 

魂友ファミリーの「ココロ晴れるベーカリー」のご夫妻に会いに行き、
手作りパンも食べさせて頂けましたし…(#^.^#)

12日には、加計呂麻島にお嫁に行かれた里佳さんと
ご主人の水谷さんに加計呂麻島を案内して頂きました(#^.^#)

 

奄美大島で感じたことは、
また改めて書けたら書きたいと思っています。

 

さて今日は、かとうゆかさんのDVD「ALIVE」を観て感化され、
パートナーシップについて気づいたことを書きたいと思います。

*かとうゆかさんのDVD「ALIVE」
https://product.makamifuru.com/

 

「ALIVE」を観てから、
人・環境・状況など外側のことを理由にするのを本当~にやめて、

すべては自分の意志で創造できるのだから、
オーバーソウルの視点で
24時間すべてをクリエイションしていこう!
と決めたんですよね。

 

*オーバーソウルとは、
2016年8月にメルマガでも解説したのですが、
すべてと一体で無限のパワーをもつ自分のこと。

一言でいえば「本来の自分」です。

 

*以前のブログ記事ではイラスト付きで→★1★★2★

 

「日常の暮らしを丁寧に生きる」ということも
心がけてはいたけれど、

やっぱりどこか“作業”とか
“仕方なくしなければならないこと”として
行っていたところがあったなぁと気づかされました。

 

日常の24時間、瞬間瞬間すべてがクリエイション!
という意識を持って、
今まで面倒だなと思っていた家事や事柄も
「何をどのようにクリエイション(創造)したいのか?」
という意図をもってするようになったら、

楽しく早くできるようになり、
これまであまり使っていなかった感性も
開いてきた感じがしてます。

 

そういう意味で、リコピンさんという人は、
「日常をクリエイション」を
毎日 自然体でしている人なんですよね。

 

たとえば…
↓リコピンさん食堂のLINEショップカード
4月6日のメッセージから。

 

「おはようございます。(リ)
峠道を走っているとヤマツツジのピンクがきれいです。
葉桜や、民家のハナモモやレンギョウなどの明るい春色に運転しながらも癒されます。

これからはっちゃんも花や緑を飾ってあげようかなと思います。」

 

 

「ALIVE」を、地(じ)で生きているのが
リコピンさんなんだなぁ!と、
私の先生は目の前にいた!と改めて気づいて。。。

「日常をクリエイションする生き方」を
リコピンさんの姿を見て、
私は教えてもらってるんだと感じているんです。

 

-・-・-・-

 

また、「ALIVE」の中で、
特に【水】のパートで
パートナーシップについてのセクションで語られていることが、
まさにど真ん中でした。

 

“パートナーシップが鏡”であることの極意、
相手を本当の意味で尊重する とは・・・

 

「外の世界に影響された自分ではなく、
自分の世界に居続けて相手を見続けることが、
相手への尊重になる」。

 

「自己否定をやめて本当にクリエイションして、
自分から見ている世界を謳歌していくことそのものが、
相手に対する尊重になる」。

 

「自分のことを死ぬほど見ていないと、
自分のことを本当に知っている状態でないと、
相手を見ていることにならない」

これらの言葉がハート直撃でした。

 

相手のことを想って、自分の感覚を遠慮(我慢)したり
自分が悪いのだと思ってしまうことがあるけれど、

そうして自己否定をしてしまうと、
相手は目の前から消える、
相手は仮面をつけて生きなければならなくなる
(=相手を見ていることにはならない)

というお話には、なるほど!!と唸りました。

 


*セルフヒーリングカードより

 

夫に対しても、
また同性との人間関係においても、これまで
相手を尊重しているようで、大切にしているようで、
しきれていないように感じていたポイントはここだったのか!
と気づかせてもらいました。

 

それ以来、
自分を全肯定する世界(オーバーソウルの意識や視点)から
相手を見続けること(そこからブレないこと)が
いちばん尊重することになる、

と想いながら夫と向き合えるようになりました。

 

相手が、本質をいちばん発揮して輝いている姿(=相手のオーバーソウル)を、
純粋な愛の視点で見続けることができるのは、
パートナーである自分だけ。

 

私がその視点で見ない限り、
夫はこの世に 本当の意味で存在することができない、
という極意にたどり着きました。

 

 

パートナーシップって本当に本当に深い。。。

 

そして、パートナーシップについて
自己探究して味わい尽くすことが、
わたし自身が
この世に生まれてきた意味なんだなぁと想うのです(あ)。

 

 

☆リコピンさんは、金曜日と日曜日、
八王子の食堂でランチメニューを提供しています。

 


*ビュッフェdayのテーブルより

 

通常は一汁四菜800円で、
野菜中心のからだに優しいランチです。

 

月に一度ビュッフェdayがあり、
おかず8~10種類の中から、
5種類選んで800円、
おかず選び放題は1200円です😊

 

☆「はっちゃん食堂」
八王子市絹ヶ丘1-51-9

*JR「八王子駅」から京王バス「南大沢駅行き」で20分、「絹ヶ丘」バス停より徒歩1分
*京王線「北野駅」から京王バス「南大沢駅行き」で8分、「絹ヶ丘」バス停より徒歩1分
*京王線「長沼駅」から徒歩13分

 

!new!*What’s Newページ(更新履歴)作成しました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です