もう夏が終わってしまいまして。

 

今年の夏はあまりにも暑すぎたか、蚊ばかりでなく、飛び交う蝶々の数も少なかったような気がします。

ここのところ、涼しくなって蝶もたくさんやってくるようになりました。

一番やってくるのはやっぱりツマグロヒョウモン。

なぜかヤツガシラの葉っぱの上に仲良く休憩中。

 

夏も終わりなので、今年の夏の備忘録です。

これは初夏だったか、珍しい訪問客、「ルリボシカミキリ」。

ルリボシはなかなか見ることはできないですが、うちの玄関をウロチョロしてた。

袋状の花をもつカクトラノオやセージの花にはみつばちやくまばちがよくやってきます。

最近はホウジャクがホバリングしながら蜜を吸っています。

 

トマトやカボチャ、ゴーヤなど夏野菜も終わりになり少し寂しくなりました。

ゴーヤーのグリーンカーテンは台風で崩れ落ちて株がいたんだのか、最後までいまいち元気がなかった。。

でも実が小さなうちに間引いていくつか収穫できました。

 

カボチャはつるを四方八方に伸ばしまくりましたが、思ったよりたくさん収穫できました。

その辺に勝手に生えている茗荷は雨上がりの都度、数個程度が頭をだしていて、ちょうどほしい数分収穫できてとても重宝!

袋栽培のナス、ピーマンは一株あたり20、30個と目標の半分程度ではありましたが、お店でも良く使ったので助かりました。

もう少し収穫できそうです。

 

去年から宿根草や花木を植えていこうと心がけて、無事冬越しできて芽吹き、花開いたものもあり、

ちょっとずつが形になってきています。

たくさん虫たちが集まるように、色とりどりの花を咲かせたい。

蝶々やハチ、もちろんナナホシテントウやナミテントウは大歓迎。

 

たくさんの生き物がいるのはいいことだけど、招かざる客はウリハムシ。

カボチャの葉っぱはよいとしても、キキョウやナデシコの花をあとかたもなく食べつくすのはいかがなものか。

でも、キリがないので、こいつら相手にするのはもう辞~めた。

 

借りている畑の方はと言うと。。

 

さつまいも、ネギ、ニンジン、大根、フダンソウを植え、すべて埋め尽くした状態でとりあえず一段落。

 

庭の方は、これから整理整頓です。

夏の間、草抜きもあまりできていなかったので

ちょっと気合いが入りそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です