「スピ・リアル」に生きている実感☆

 

6月初めに、透析のための
左腕シャント(血管)の再建術を
受けたのですが★★
(その節は遠隔ヒーリングをありがとうございました(u.u*))

 

今月の検査で、
また狭くなっているところがあり
血流が減ってしまったため、

今日(9/8)血管を膨らませる
バルーン拡張術を受けました◎

 

血管の中に管を入れていき、
シリコン製の風船のようなもので
膨らませる仕組みです。

(術後に医療器具を見せて頂きました)

 

今回、狭くなっているところを
3箇所しっかり広げてもらったようで、

血流が300くらいに落ちていたのが
→術後は4倍の1200に改善しました◎

無事に成功したのでほっとしました(*^-^*)

 


*今日のお昼の青梅の空

 

手術前~手術中、
レイキの第4シンボルを何回もかけて
(イメージでシンボルを描き&
心の中でマントラを唱える)

 

「すべてにおいて無痛で、
私も先生たちも最高の自分を発揮して、
すべてが順調に進み、
バルーンで血管がしっかり広がり、
血流が適切に流れるようになりました」

 

とアファメーション(肯定的宣言)を
心の中で何回も唱えました。

 

※レイキについては→こちら

 

術中、オーバーソウル(大いなる源)に
波長を合わせていると(オーバーソウルと共に在ると)、

「すべてが一つである」ことを
リアルに感じました\(^o^)/

 

執刀してくださっている先生も、
サポートしてくださっている看護師さんも、
バルーン拡張術の医療器具も、

手術室の部屋も、
術中の時間と空間でさえも…

 

オーバーソウル(一番大きな自分自身)は
すべてを包み込んでいて、

すべてが自分の一部であることを、
リアルに体感していました。

 

今回は、リコピンさんと、
透析クリニックが同じ友だち以外には、
どなたにもお知らせしていなかったのですが、

 

目には見えないけれど
ご縁の深い あらゆる存在たちが、
見守りと応援に来てくれていることも
感じました。

 

リコピンさんの祈りの想いと、
ことあの魂と、
透析の友だちの応援の愛と、

私のライフガイドの永観さん、
双子の魂の片割れ(ツインレイ)の「リラ」、

サナトクマラ、
ナザレとマグダラのマリア、

臼井甕男先生や島本由美子先生、
母方の祖母など……

 

「たくさんの存在が、
あなたを見守り護っているから大丈夫◎

安心して深呼吸して、力を抜いて、
リラ~ックス、リラ~ックス」

と穏やかな笑顔で声をかけてきて、
応援の愛を送ってくれました。

 

 

深呼吸をしながら……

できるだけ力を抜いて……

リラ~ックス、リラ~ックス。。。

 

たくさんの存在が、
手術室の天井あたりから
視線を送り 見守ってくれていて、

 

医師と看護師さんたちに対しても、
感覚を研ぎ澄ませ&
叡智につながれるような
エネルギーを降り注いで、

サポートしてくれているのもわかりました。

 

私は 本当に護られている。。。

こんなに護ってもらえて、
なんてありがたいんだろう(*;o;*)

 

しみじみ実感して、深い感謝の想いと
安心感で、涙がにじんできました。

 

初めの麻酔注射のときは
少し痛みがありましたが、

「すべてにおいて無痛で」と
アファメーション(設定)していたので、
すぐに痛みは引いて、

 

血管に管を通してもらっているときも、
予定の2箇所を
バルーンで大きく広げているときも、
痛みは驚くほど全くありませんでした!!

 

「痛みは大丈夫ですか?」と
何度も尋ねられましたが、
余裕で「大丈夫です😊」と答えていました。

 

さいごに1箇所、
予定外のところも広げることになり、

少し痛みがありましたが、
ここも短時間で難なく終わりました。

 

後から
「2箇所までは全く痛くなかったですよ」
と話すと、
「そうでしたか~(*゜Q゜*)」
と驚いておられました。

 

血流を調べると、4倍になったからOK!
ということで、
予定の時間内で無事に終了◎

 

今日のバルーン拡張術を受けて、
改めて、

 

この肉体でリアルに生きていることと、

私たちが日々 護られていて、
生かされていることへの感謝
感じさせてもらいました。

 

 

すべてが自分の一部であることを感じながら
「“今ここ”を生きる」ことが、
「スピ・リアル」に生きること!!

と感じる貴重な体験となりました☆

 

すべてに……
ありがとうございます(u.u*)💕

 

 


*先日リコピンさん食堂での「初栗🌰」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です