ゴスペラーズ「ロビンソン」の気づき~どれだけ支えてくれているか!

 

先日の記事で、
ゴスペラーズがカバーしている
「ロビンソン」のアカペラのハーモニーが鳥肌!!

とご紹介しましたが、
その後さらに気づきがあったのでシェアします。

 

原曲のスピッツの「ロビンソン」も大好きだし、
草野正宗さんの歌声も好きなんですよ♪

その「ロビンソン」をゴスペラーズが!
と目に留まった動画でもありました。

 

まずは、先日の記事でもご紹介しました
こちらをどうぞ♪♪
↓↓

*展開できてなければこちらのURLから♪
↓↓
https://youtu.be/UqbrvPGMvlI

 

別撮りのこちらもステキですよ♪♪
↓↓


*展開できてなければこちらのURLから♪
↓↓
https://youtu.be/Tn7hy0Tl5Bg

 

出だしの「ぽんぽんぽんぽーん」
を聴いた瞬間から、
鳥肌、鳥肌!!でした。

 

「全員がきっちり自分の担当に集中し、
お互いの音を受け入れながら、
みんなで完璧なハーモニーを奏でてる♪

リードボーカルもコーラスもベースも
最高&完璧です!」

と先日の記事でも書いたのですが、

 

5人のハーモニーの倍音の響きは、
大いなる調和そのもので、

“一なるもの”の音の響きだわぁと…

得も言われぬ心地よさと至福感を
味わわせてもらいました。

 

人間の体ひとつで、
(からだを楽器にして)
こんな美しいハーモニーが
奏でられることが
愛そのものだし。

 

どの人の音も尊くて必要で、

山あり谷あり

どのフレーズも、
すべてが揃って

素晴らしい一つの曲が出来上がって…

人生を象徴しているなぁ、
と思ったのです。

 

以前から、アカペラグループの
パフォーマンスを視聴するのは好きで、
「ハモネプ甲子園」なども
好きで観ていましたが、

 

やっぱりゴスペラーズは
本当に素晴らしい☆彡と
しみじみ実感しました。

 

あれから ゴスペラーズが気になり出して、
youtubeで他の楽曲を聴いたり、
ネット検索してしまいました(*^-^ゞ)

 

ゴスペラーズの凄いところは、

全員がリードボーカルができることと、
全員が作曲もしているのだそうです。

 

「ライブとかでも、ほんとは全員、
リードボーカルやりたい!と思ってるんですよ。

特に自分が作った曲は、
自分がリードを歌いたいと思うんです。

でも、キーとか全体のバランスとかで、
ここは誰々がリードで、
コーラスがこう入って、という感じで、
自然に各パートが決まるんだけど…」

と話している動画がありました。

 

ほんとは全員がリードを歌いたいと思ってるんだ~
というのが意外だったのと、

 

それでも5人全員で歌うときには、

リードボーカルを引き立たせて、
それぞれがきっちり仕事をこなして、

あんなに美しいハーモニーを奏でられる♪
というのが、

当たり前かもしれないけれど、
ほんとにプロですよね☆彡

 

この「ロビンソン」では特に
(初めの動画では右から二人目の)
北山さんの「ボンボンボンボン」が、
ものすごく効いていて…

根底を磐石に支えるベースは
大地のエネルギーのようです。

 

ベースの北山さんの存在感が
やはり凄いな!!と震撼しました。

 

コーラスグループでも
リードボーカルの歌声に
どうしても耳が行きがちだけど、

 

ベースの北山さんの歌声だけに
じっと耳を傾けてみると、
存在感をもって耳に響いてきたと同時に

 

ふとリコピンさんの存在を思い出して、

「普段から、大地に根を張って
どれだけ家族を支えてくれているか!!」
ということを、
深く強く感じさせてもらったんですよね。

 

 

たとえば、家族では 大黒柱となって
経済的な基盤を支えてくれている
お父さん(ご主人)もベース担当。

 

あるいは、

家を守って、家族の食事を作ったり
ハウスワークをしてくれている
お母さん(奥さま)も、ベース担当。

と言えるのかもしれませんよね^^

 

家族や会社・チームなどが
全員でハーモニーを奏でようとしたときに、

根底のベースを支えてくれている方(たち)は、
目立つパフォーマンスは
していないかもしれけれど、

 

その人が「どれだけ支えてくれているか!!!」

ということなども、

ベースの北山さんの歌声を聴くと
感じることができますよ(*;O;*)

 

私は、そんなところでも
北山さんの歌声に惹かれました。
(#^.^#)

 

一人一人の担当の音(声)を
じっくり聴き分けられるので、

やはりイヤホン視聴がおすすめです♪♪

 

あなたの心地よい立ち位置、
あなたの本質が求める“音の出し方”は、
どのパートですか^^?

 

ハーモニーを聴きながら、
そんなことを感じてみるのも
面白いと想います。

 

 

この動画、探していたわけではなく
たまたま見つけたのですが、

「ロビンソン」の歌詞も
本当に素敵なんですよね。

 

歌詞の一部をご紹介します^^

 

「同じセリフ 同じ時
思わず口にするような
ありふれたこの魔法で
つくり上げたよ

 

誰も触れない 二人だけの国
君の手を離さぬように

大きな力で 空に浮かべたら
ルララ 宇宙の風に乗る

 

誰も触れない 二人だけの国
終わらない歌 ばらまいて

大きな力で 空に浮かべたら
ルララ 宇宙の風に乗る」

 

(スピッツ 作詞・作曲:草野正宗)

 

 

歌詞をよく味わってみると、
先日の記事の内容にも
かぶるところがあったり、

ちょうど宇宙のお話会を始めたタイミングで、
この歌詞ですか! と想うと

シンクロサインに嬉しくなりました
(#^.^#)

 

「ル~ララ 宇宙の風に乗る~♪」
のところで、

「はい、乗ります~」と
想いながら毎日聴いてます(笑)

 

 

音が大調和を生むと、
ものすごく大きなエネルギーを
創り出せることがわかっていますよね。

 

宇宙のお話会でもご紹介している
「ハトホル」という集合意識は、

私たちの地球の
“銀河系宙域”に隣接した宇宙から、
私たちを見守りサポートしてくれているそうです。

 

そのハトホルたちは、
「“愛と調和のため”に音を使いこなす」
エネルギー的技術をもっているようです。

 

一人一人の音や声が
ハーモニーを奏でて成り立つ
アカペラというパフォーマンスは、

その美しい倍音を宇宙に
放ってくれているのでしょうね~(*^▽^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です