私が観に行ったアルクトゥルスの来世から導かれている実感!


緑川崇司(たかし)さん(カウンセラーさん)を
お迎えして開催する
「ソウルパワーセラピー体験会」

*内容の詳細は→★こちら★


ブログTOPの固定記事でもご案内しておりますが、
7/6(土)に加えて8/3(土)も開催が決定しました!

●日時:7月6日(土)
(1)11時~14時「過去生(前世)」を観る(残1名様)
(2)15時~18時「未来生(来世)」を観る(満席)

●日時:8月3日(土)
(1)10:30~13:30「過去生(前世)」を観る(定員4名様)
(2)14:30~17:30「未来生(来世)」を観る(定員4名様)


・緑川さんの催眠誘導(ヒプノセラピー)の技術の素晴らしさ
・何のために過去生(前世)を観るのか?
・来世を観に行くワークをお願いした理由

などについては↓↓こちらのブログ記事で。
『来世の自分から導いてもらうと自由な心で人生を創造できる!』




さて、今日は
「ソウルパワーセラピー体験会」の
未来生を観に行く会のおすすめ記事として、

昨年5月29日配信・メルマガ第47号で
綴った内容を、
ブログでもアップしたいと思います。

かなり、不思議なお話になりますよ^^

「え、大丈夫ですか。。。?」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが…


私は今「すべてなるもの」
オーバーソウル(自分の大元の魂)と一体で
生きている実感があり、

オーバーソウルの意識・視点
世界を観て、人生を構築・創造しています。


その感覚の中で、いま自分が
実感していることを書かせて頂きますね。


私は 「レイキ」を伝授したり使い方をレクチャーする
お仕事をさせて頂いています。

「レイキ」は、手を使って

身体と心の“氣の流れ”を整えることができる
ハンドヒーリング(氣功の一種)です。


愛する人たちや自分自身に、
手だけで“愛と感謝”を表現できる“優れもの”ツールです。


*レイキについて詳細は……
ご提供メニューこちらの記事
ご案内しております。


お話は、古代にさかのぼりますが…

銀河系宇宙の存在で
「生命と知性と自由の守護マスター」
である「サナト・クマラ」は、

京都の鞍馬山(くらまやま)に
一千万年前に降り立ったと言われています。

宇宙からみたとき、地球の中で
日本の京都・鞍馬山が選ばれた
というところから、

やはり鞍馬山は、宇宙のポータル
でもあるのだなぁと感慨深いです!


大正時代、修行者として鞍馬山に入った
臼井甕男(みかお)先生は、

21日間の断食修行の瞑想中に、
このサナト・クマラから、

宇宙エネルギー
= 「大いなるすべて(源)」のエネルギーを、
生命体に活用できるヒーリング技法
(のちにレイキ」と名付けられたヒーリング法)を
伝授されたと言われています。

脳の中心部に落雷を受けたかのような
激烈な衝撃によるものだったそうです。


その臼井甕男先生により
日本で「靈氣療法(レイキ)」が誕生しました☆彡

*その後のレイキの西欧への拡がりや、
日本での普及については、
こちらの記事に詳しく書いています。



宇宙の高次元のヒーリング法であるレイキは、

私たちの本質・本懐を開かせてくれて、
宇宙の源のエネルギーを使って、
現実を創ることができるパワーがあります!

*レイキがどのようなエネルギーなのかは、
こちらの記事にも詳しく書いています。


日本の臼井甕男先生に、
宇宙エネルギーの技法を伝授した
サナト・クマラ」がマスターとして
司っているのがアルクトゥルス星

アルクトゥルス星は、
恒星として実際に存在していますし、

今の時期、夜は南~南西のあたりの空に
肉眼で見ることができる星です。

「今日のほしぞら」というサイト
星の位置を確認して頂くこともできますよ^^

アルクトゥルスは恒星でもありますが、

銀河系宇宙の中では、
アルクトゥルス人(種族)」として
高次元の第6密度六次元(11次元-13次元と呼ばれることも))に存在する
宇宙の一種族だと認識されており、

宇宙の星々の中で、
養育や「愛と感謝、喜び」のテーマ
司っていると言われています。

*第6密度の解説については→★こちら★

*「アルクトゥルス人より地球人へ」の感想は
『もう地球での記憶・体験・感情 感覚をぜんぶ超えてしまおう!』


アルクトゥルス星は、
私にとって懐かしい星です。


過去生において、アルクトゥルスが
今の地球と同じくらい
三次元~四次元へアセンションしようとしている
波動(次元)だった頃、
居たことがあったようです。


これはだいぶ前に思い出していたのですが…

その後、あるとき、
「私は来世はアルクトゥルスに生きている」
と感じたことがありました。

未来生を観た、ということなんです。


それは、2016年7月17日、
国分寺のサロンで開催していた
「ソウルパワーセラピー体験会」での出来事でした。


その日、私はワークの見守りをしていたのですが、
緑川さんが誘導してくださるあいだ、

皆さんの“過去生を観るワーク”を見守りながら、
半眼で、わたし自身も過去生を感じてみようと
ワークをしてみました。


すると!!

その日は驚いたことに!!

過去生ではなく、
未来生が観えてしまったのです。


そこは明らかに、地球ではなく
宇宙の異星である「アルクトゥルス」だと
直感でわかりました。


未来生でも、私はリコピンさんと
一緒にいることが、すぐにわかりました。

嬉しいことに、愛犬のことあも一緒にいます。

ことあはなんと!
「aibo(アイボ)」のようなロボット犬になっています(笑)

ギーガシャ、ギーガシャと
音を立てて動いてる!


でも、未来生のことあには
永遠の命が与えらえていて、

「来世では死なないんだね、
いつまでも一緒にいられるんだね…」
…と目頭が熱くなったのを覚えています。


リコピンさんと私の
未来生での姿はというと……


アルクトゥルス星の人たちは、
人間というよりも、肉体はほぼ透明で、

目に見えるか見えないかくらいの
軽やかなエネルギーで存在しています。


私たちが地球で肉体で生きているときには
周りにオーラ(エーテル体)がありますが、
その「オーラの部分だけ(輪郭のみ)」で
生きているような感じなんです。


形はうっすらとわかる程度で、
頭部がやたら長くて、
身体はものすごく細く、

手足も、手足の指も
異様に長い体形をしています。


体形というかオーラだけなのですが(笑)。

おもしろいでしょう?!


個人の名前というものはなく、
番号(コード)のようなものがあり、

個体としての認識は、
そのコードのエネルギー(波動)によって
認識しあえています。


名前がないということは、
「私が、私が」という意識が薄く、
自我(小我・エゴ)というものが
ほとんどないということでもあり、

言葉は使っておらず、
テレパシー(思念エネルギー)で
対話や意思疎通ができます。


テレパシーで何でも明け透けなので
秘密や嘘も存在できず、
互いの関係性は
「愛と感謝と信頼」がベースにあります。


みんなが共通の大きな愛の中で、
互いを信頼しあい感謝しあって生きている…
それが大前提なのです。


全員が「すべては一つ」の“大我の意識”をもち、
「みんなで一つのタペストリーを編んでいる」
という共通認識を持った上で、

個の質を活かして
(自分の質をよくわかっていて活かすのが当然!という意識で)
暮らしや研究(探究)をしていて、

「個を活かして全体に貢献する」ということが 喜びである という共通の価値観があります。
(この共通概念が第6密度(六次元)ですね^^)


(*アルクトゥルスという種族は、
どうも、個の特質や大好きなことを活かして、
それぞれ研究や探究に没頭して
「全体に貢献すること」が好きな種族で、

だから、集合意識として溶け合ってしまうよりも
「個の意識」や「個のエネルギー枠」を
ぎりぎり保って存在していることを好むそうです。

このことを本でも読んだとき、
自分の感覚や興味・嗜好と一致する!
とすごく想ったのです。)

リコピンさんと私は、
ドームのような中で
植物の研究をしているようです。


そして、夫と私は
陰陽ペアのようなのですが、
お互いの中心に「核」のようなものがあり、

面白いことに、
私の核のところには、夫の核が、
夫の核のところには、私の核が
埋め込まれているのがわかります。

まるで陰陽のタオのマークそのものですね。


アルクトゥルスでは、
肉体はほぼ透明なので、
男女を分ける性器もないのですが、

陽(男性性)のエネルギーを持った質と、
その反対の
陰(女性性)のエネルギーを持った質が
カップリングとなり、ワンペアで、
活動や研究をすることになっているようでした。


互いの核を持ち合わせることによって、
正反対の質で補い合い、エネルギーを交換し
循環しあっているようです。

面白いなぁ~~と好奇心がそそられました。


(ソウルパワーセラピー体験会の場面に戻ります^^)

そんな私たちの来世が観えて、
驚きと好奇心でビジョンを観ているうちに……

緑川さんの誘導で、
「それでは、そのときの人生の最期に行ってみましょう」
と促してくださったので、

私もその「未来生の最期」と思われる時点へ
飛んでみました。


アルクトゥルスのような高次元の星では、
肉体がないため、
いわゆる「肉体の死」というのはありません。


それでは、どういうタイミングで
「その人生」を終えるのかというと、
挙手制(申告制)なのだそうです!


「もうこの人生を十分味わい、
やりたいことをやり終えました。
そろそろ次の転生をしたいです!」

と手を挙げれば、いつでも人生を終えて
次の転生に入れるのだそうです。



私が、アルクトゥルスでの人生(未来生)を
終えようというとき、
何を思ったかというと……


「このアルクトゥルスでの人生も
面白くて楽しかったけど、

あぁぁ~~~
地球での肉体があってままならない人生が、
なんと面白かったことか!!

と呟いていたのです(笑)。


地球で肉体をもって ままならない中、
さまざまな体験をすることが、

どんなことであれ体験をすることそのものが、
どれほど面白く冒険的なことなのか、

私は来世を観に行ったことで、
体感・実感することができた気がしました。


それにしても、リコピンさんと
植物の研究のようなことをしている…
というのが未来生なのだとしたら、


このメルマガを配信した昨年5月当時
自分の中の女性性(インナーミューズ)から
メッセージをもらっていた

・夫と庭の作業をして土に触れること
・植物をよく観察して対話すること

ということも、
来世に向けて必要だから!
ということもよくわかりました。


昨年5月で、すでに
こういうメッセージを受け取っていたのに、
その作業まではなかなかできずにいたのですが…


あれから1年経って、
今は、あのとき観に行った
アルクトゥルスの来世(の自分たち)から、
呼ばれるように導かれている実感
があり、

実際に、夫と一体で動けるような
態勢になってきました^^ゞ

今後も、オーバーソウルの視点で
魂の今生の目的・目標に向かって、

リコピンさんと一緒に
軸をブラすことなく、
生きていきたいと思っています☆彡



どなたかのお役に立てることがあれば…と、

今日は不思議な未来生のお話と、
魂の目的のお話を、
シェアさせて頂きました^^


心に響くものがあった方は、

7月6日&8月3日の
「ソウルパワーセラピー体験会」
でお待ちしておりますね(#^.^#)



長文をお読みくださり、
ありがとうございます☆彡