父と母との濃密なじかん。泣きそうになった父の一言

実家の母(はっちゃん)が先週入院して
鼠径部ヘルニアの手術を受けたため、

父のほうは、介護施設で
ショートステイをさせて頂いています。

 

透析のない日は、
母と父それぞれの場所へ会いに行き、
必要な手伝いをするじかんを持てています。

 

 

母の術後は順調で
退院の日も決まり、ひと安心。

 

父と母、それぞれの
身体に触れてレイキを流したり、
身のまわりのことやトイレの介助をしたり、

目を見てじっくり話すじかん。

 

実家ではない静かな場所で、
個々に会っているからなのか、

それぞれの その時空間は、
ものすごく密度が濃く深く感じられて、

貴重なじかんを過ごしているなぁと感じます。

 

*日記を書いている父を隠し撮り。
父は何十年も日記をつけています。
(どのくらい続けているのかわからない!)

 

 

父の母の、一言一言に、
それぞれの愛を深く感じ取ることができ、

私も一言一言の言葉に想いを込めることで、
手で触れることで
愛を返すことができていて……

とても純粋な想いでいられる。。。

 

 

ショートステイの前に、
母が父の目薬の種類と順番を
メモしてくれたことを、

父が目薬をさしながら、

「(母さんが)書いてくれたんだ、
自分の病気をおして」と。

 

母の身体の具合を案じている言葉を聴き、
泣きそうになった。

 

普段 母に世話をしてもらうとき、
声をあらげるときもある父だけど、

母への感謝と思いやりが、
その一言に濃縮していた。

 

 


*若い頃は血気盛んでおこりんぼだった父も、
今や好好爺のようになっとります

 

 

なんだかんだ言って、
たがいを思いやってる両親のことが、

私もなんだかんだ言って、大好きなんだな。

…と感じた昨日でした。
(あ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です